So-net無料ブログ作成

豆乳の種類と飲むタイミング [バストアップ食事法]

10137000142.jpg
バストアップには、イソフラボンが良いとこのブログで何度か書いています。

サプリメントから摂取するなら、

ピンキープラスピーチアップなどがいいですが、

「まだ高校生なので…」

「お金はできるだけ節約したい…」

という人もいます。

で、食材から取るとなると、

キャベツ大豆などがありますが、

なかでもオススメなのが「豆乳」です。

でもただ何も考えずに豆乳を飲むのと、

よく考えて飲むのとは、効き目が違います。

ということで、今回はバストアップに効く豆乳の

種類」と「飲むタイミング

について書きますね。


まず、豆乳の種類ですが、3種類あります。

①豆乳
②調整豆乳
③無調整豆乳

①豆乳
通常の豆乳は、何もせずにそのまま飲めます。

私はおいしいと思うのですが、

ちょっと苦手という方は、「デザート」として料理すると良いです。

豆乳プリンなどよく聞きますよね。

②調整豆乳
無調整はクセがあるので、そのまま飲める人はあまりいないので、

そういった方が飲むと良いでしょう。

③無調整豆乳
無調整豆乳は料理にもってこいです。

文字通り調整されていないので、

そのまま大豆のおいしさを味わうことができます。


調整豆乳と無調整豆乳の違いですが、

飲みやすさの他に、成分の違いがあります。

調整豆乳はナトリウム、マグネシウムが無調整豆乳より多く含まれています。

このように塩分が無調整より多くなっているので、飲みやすいのですね。

そして決定的な違いは、「鉄分の有無」です。

調整豆乳には鉄分は含まれていませんが、

無調整豆乳には100mlあたり約0.5mg含まれています。

これが無調整豆乳の飲みにくさの原因の一つです。

でもイソフラボンについては、さほど変わらないので、

料理にするときは無調整豆乳、

そのまま飲む、あるいはデザートにするなら調整豆乳

と分けて使用すると考えておけばいいでしょう。

そうすることで飽きもこないです。


で、飲むタイミングですが、

食事の前

を狙いましょう。

なぜかと言いますと、豆乳には大豆サポニンという成分があり、

食事の前に飲めば、その成分が食事の量を抑えてくれるからです。


豆乳を飲むことを日課にすれば、

バストアップもできるし、

ダイエットもできるという一石二鳥になりますね。


それと最後に一つ注意点ですが、

豆乳は意外にカロリーが高いので、

寝る前などは控えるようにしましょう。





スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。