So-net無料ブログ作成
バストアップのコツ ブログトップ

理想のバストの形チェックポイント5つ~正しいバストの測り方~ [バストアップのコツ]

バストアップをしていくうえで、欠かせないのが日々の記録です。

「〇〇をして、1週間で●●になった!」

など、実際にどのくらい成果があったのか調べることは、

モチベーションにも繋がりますし、次の実践に活かせます。


そこでバストの正しい測り方について書きます。

下図はバストを横から見た図です。
さいず.jpg

乳頭のある位置、バストが最も膨らんでいるところは

トップバスト」は呼ばれています。

バストのすぐ下は「アンダーバスト」です。


トップバストが、少し垂れていたり、下がっていれば、持ち上げましょう。

ブラジャーを付けていれば、ブラジャーをしっかり着けている状態で測ればOKです。

でも、できるだけ素肌に近い状態で測った方が正確に測れますので、

パッドなどがあればあ取り除いておきましょう。

メジャーは地面に対して水平にします。

メジャーの締め具合は、ゆるすぎず、強すぎず、

メジャーがピンと張るくらいが良いです。

姿勢は、猫背ですと、正確に測れませんので、

背筋は伸ばして、まっすぐ立って測りましょう。


そして、測った結果、自分がどのサイズのブラがいいのかは、

ブラジャーのサイズ一覧を参照して、決めましょう。

agaerhes.jpg
※クリックで拡大


サイズも大事ですが、ただ大きければ良いというものではないですよね。

やはり、理想のバストの形というものがあります。

理想の形は下記のようにいわれています。

・乳首からあごの長さと顔の長さが同じ

・ヒップサイズよりバストサイズがほんの少し小さい

・左右の乳頭を結んだ線分と左右の鎖骨の中心を結んで作られた三角形が正三角形
 さらにその三角形の一辺が18cmが理想といわれています。

・左右の乳首の間が顔の幅と同じ

・トップバストが肩から肘の中間くらいの高さにある


おっぱいが上を向いているかなどはチェックする人が多いと思いますが、

この5点は意外にチェックされていないので、

ちゃんとチェックしていれば、周りよりかなり見栄えはよくなります。





スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

バストアップに一番重要な部分とは? [バストアップのコツ]

stitle4-img1.jpg
バストアップするには、まずバストが何からできているのかを知る必要があります。

バストアップをバストの構造から考えていきます。

バストアップをする際は、下記の4つの部分を意識することが大事です。

①乳腺
②大胸筋
③皮下脂肪
④脂肪


この4つを意識して、バストアップに取り組むと効果的です。

乳腺ばかりに気を取られすぎて、土台となる大胸筋を全然鍛えてなかったから

いつになってもバストアップできない!

なんてことはよく聞きます。

バストアップに行き詰ったらどうするか?

この4つを思い返して実践しましょう。

でも、それぞれの部分について具体的にどうすればいいのか…

それを書いていきますね。

①乳腺
乳腺は、バストアップで最優先に考えなければいけない部分です。

乳腺は2つに分けられまして、

母乳を流す管」と「母乳を分泌する組織」でできています。

この管と組織を発達することができれば、

バストが大きく張られます。

女性ホルモンが分泌されれば、

乳腺は発達します。

女性ホルモンに関しては、こちらをご覧ください。

②大胸筋
大胸筋はバストを支える土台です。

いくら、表面上バストを大きくできたとしても、

この大胸筋が弱いと、すぐに垂れてしまいます。

腕立て伏せで鍛えることができます。

③皮下脂肪
皮下脂肪は直接バストにかかわらず、

体中にありますが、この皮下脂肪を下着などでうまく

バストに流すことができたら、その分バストが大きくなります。

バストアップ用の下着で対策しましょう。

④脂肪
脂肪も体中にあるものですが、

特に乳腺の周りにある脂肪はバストの大きさを決定づけます。

なので、過度なダイエットは、この乳腺周りの脂肪を減らすことになるので、

気を付ける必要があります。


目標を達成するには、目の前のものをよく知る必要があります。

バストアップも同じで、目の前のバストの構造をよく知っておくことは、必須です[わーい(嬉しい顔)]





スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

テレビ「魔女たちの22時」で紹介されたバストアップ方法とは? [バストアップのコツ]

を追求する女性なら

バストアップの関心は強いです。

先日ご紹介した水沢アリーさんはテレビで、バストの美を追求している、


戸瀬恭子さんにバストアップ術を実践されています。


男性の視聴率も結構あるとかないとか…。


バストアップ法が放送されたテレビ番組で有名なのは、

魔女たちの22時」(2009年放送)です。


魔女たちの22時は

世界中から年齢、恋愛、

メイク、料理、美容、健康、

アンチエイジング、趣味、子育て

などあらゆるテーマにおいて驚きのギャップを持つ女性

いわゆる”魔女”をスタジオに迎え、

魔女」が生まれたかを探っていく人気番組でした。


その中でAカップからHカップに豊胸手術をせず

バストアップに成功したという

吉丸美枝子(当時60歳)さんが

”魔女”として出演し、

その中で、バストアップに効果のある、

エクササイズ

を紹介しています。

そのエクササイズというのは、名づけて…

「豊胸バストアップエクササイズ」

です。


その方法は大きく分けて5つの工程に分けられます。

1.バストの前で手の甲を合わせて押し、

  力を入れます。

2.息を吐きながら手を左右へ移動させます。

  目的は、胸の周りの筋肉を鍛えて、

  バストアップに必要な筋肉を養うことです。

3.右腕を上に挙げ、左手で二の腕を4、5分マッサージをします。

  左腕も同様にします。

4.マッサージができたら、その二の腕の肉を

  バストに寄せるようにこすりながらマッサージをします。

  だいたい12~15分程度繰り返します。
 
5.お腹の肉も二の腕の要領で揉んで、

  脂肪を上に移動させるようにマッサージします。


1~5をやるときは、肉をバストに流すというイメージを

持ってやるといいです。

また、胸まわりの血流を良くして、

おっぱいに栄養がいきやすくすることも

イメージしましょう。


お風呂でやるのが効率的ですね。


で、肝心な効果ですが、

これを実践した吉丸さんは

AからHカップになった

そうです。

ただし、3年かかったそうです。


やっぱりあきらめずに実践すれば、

バストは大きくなるもんなんです。


即効性のあるバストアップサプリなどを

併せて実践すれば、もっと短期間で

バストアップが期待できそうですね。




スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

水沢アリーが10分でバストアップ [バストアップのコツ]

先日、テレビで水沢アリーさんが

m_2013y10m31d_233206868.jpg
画像元:http://syousukeno-kininaru.blog.so-net.ne.jp/archive/c2304011954-1

バストアップ界で有名な戸瀬恭子さんに

バストアップ法を実践していました。

その手順が下記です。


1.二の腕からデコルテへさする

  コツは手をぺったりさすること

2.肩甲骨からデコルテへさする

3.リンパ節の詰まりをなくす

  痛いと言う方は、まだまだ大きくなる余地があります。

4.血流を良くしてふわふわバストを作る

5.バストを下から首に向かって持ち上げる

  お椀を作るように持ち上げます。

6.女性ホルモン分泌のツボを押す

  痛い人は女性ホルモンが滞っている証拠です。

7.円を描きながら乳腺を刺激

8.同じ工程を反対のバストでも行う




やった直後は結構効果あるみたいですね。


どれくらい効果があるかというと、

だいたい1日は保てるとのことです。

毎朝実践すれば、少し大きくいられますね。


毎日実践すれば、効果の持ち時間を長くすることもできるようです。


ちなみに戸瀬さんは、前回の

戸瀬恭子のバストアップDVD~バストあっぷるん~※動画あり

でも紹介していますが、「笑っていいとも」や「どや顔サミット」にも

出演しています。

バストアップDVDも出されています。

自宅で手軽にできるバストアップ法として

人気ですね。




スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

バストはもむと大きくなる? [バストアップのコツ]

胸をもむと胸が大きくなるということは、

誰しも聞いたことがあると思います。


それは本当か?


本当です。


おっぱいには「乳腺」があり、

th.jpg
画像元:http://www.hirai-nyugan.com/basic/

刺激することで豊胸が可能です。


以前にも書きましたが、

揉んだり、マッサージするのは、

お風呂に入っているとき、

リラックスしている状態で行うと良いです。


そして、自分以外の他人に揉んでもらうと

より効果的だ

ということも聞いたことがあるかと思います。


これは、半分本当です。


ただの他人ではなく、

異性に揉んでもらうと脳に刺激がいき、

女性ホルモンが分泌され、

高いバストアップ効果を見込めます。


彼氏いない子が、彼氏ができると、

急にブラのサイズが合わなくなったということは、

結構聞きますよね。


女性ホルモンは残念なことに、

年齢を重ねるたびに

減っていきますが、努力次第で分泌量は増やせます。


もむこと以外に、食べ物からでも女性ホルモンを

促すことができます。

エストロゲンを増加させればいいのです。

エストロゲンの似た成分には、

イソフラボン」があります。

大豆ですね。


あ、それと胸をもむとき、もまれるときの注意すべきことが

あります。

それは、

「あまり力をいれず、優しくもむこと」

です。

強く揉んだりすると、

ストレスを感じて、

女性ホルモンが逆に分泌されなくなりますから。

気を付けましょう。



スポンサーリンク





熊田曜子のバストアップ方法 [バストアップのコツ]

元グラビアアイドルで一児の母、そしてFカップである熊田曜子さんですが、

www.g-idol.comA1BFkaA1BFimagesA1BFKumada_YokoA1BF030.jpg

以前、インタビューで熊田さんが実践しているというバストアップ方法

を話していました。


それは、

贅肉をブラジャーに詰め込む

という手法です。


「そんなの効果ないよ」

と思ってしまう方もいるかと思いますが、

意外に効果的です。


ノーブラで仰向けで寝ると、胸の脂肪がワキや横腹に

移動してしまい、バストが小さくなるということはわかります。


それの逆で、バストに脂肪を日頃から集中するように

ブラジャーに詰め込めば、大きくなることが予想できます。


ポイントは「日頃から」です。


熊田さんが言うには、

3時間に1回程度ブラジャーに肉を詰め込むとのことです。


それくらいの頻度であれば、

トイレについでに実践できますよね。


集めてくる肉の部位は、「お腹」「二の腕」が良いです。


胸の周りの肉をバスト化するというイメージが大事だと思います。

もちろん数日では、効果は実感しにくいですが、

習慣化すれば、実践もそんなに難しいことではありません。


とは言っても、バストアップで一番重要なのは、

栄養です。

いかに効率よく栄養を胸に集中させるかがカギです。


なので、ダイエットをしたとしても、

必要な栄養素は最低限摂っておきましょう。

胸の成長に必要な要素は、

イソフラボンが有名ですよね。

大豆とか納豆に含まれています。


食品からは効率が悪いので、

バストアップサプリがやっぱり良いです。


ちなみに余談ですが、

熊田曜子さんは妊娠時に3カップバストアップして、

Iカップになったそうです。

妊娠時には、女性ホルモンが分泌されますから、

それだけホルモンはバストアップに必要ということです。


女性ホルモンを促すサプリとして有名なのは、

ピュアプエラリアなどがありますね。


【関連動画】
熊田曜子「家でできる簡単ダイエット法」



スポンサーリンク





無料でできるバストアップ法 [バストアップのコツ]

最初は、「バストアップしよう!」

と思って、いろんなバストアップ法を試すと思いますが、

スタート時に現状の生活を見直さなければ、

バストアップできるものもできません。


まずは、「生活習慣を見直そう!

と思うことがスタートだと思います。

生活習慣を見直すだけなら無料でできるので、

そこから始めましょう。


では、具体的にバストアップにおいて、

生活習慣を見直すってどうしたらいいかって、

話なのですが…

例えば、「寝るときの体勢」は、

バストアップの妨げになることがあります。


言ってしまうと、「うつ伏せ」で寝ると、

胸が圧迫され、バストがサイズダウンしてしまいます。


このブログで「お風呂でのバストアップ方法」をご紹介しましたが、

そこでは、「血行が良くすることが大事」であると書きました。

ということは、うつ伏せは胸が圧迫され、

血流が悪くなるので、おっぱいに栄養が循環しにくくします。

その結果、胸が小さくなるということなのです。

また、血流が悪いと、胸に老廃物もたまりやすくなるので、

胸にとって良くない状態になります。


このうつ伏せの習慣の人は、仰向けで寝れるように

意識していきましょう。


仰向けだと、背中におっぱいの脂肪が移動しそう…

と思う方もいると思います。

たしかにそのとおりです。

ですので、そこは、バストアップ用に売っているブラジャーなども

ありますので、それを着用して、寝ると良いでしょう。



スポンサーリンク





【お風呂でのバストアップ方法】マッサージの仕方とツボ [バストアップのコツ]

お風呂でのバストアップ方法をご紹介します。


~準備~

まず、浴槽には、ぬるめのお湯を入れましょう。

最初は、肩まで浸かってリラックスして

気持ちをリフレッシュするのも大事です。


時間が経つと、汗が出てきますので、

それが、血行が良くなってきているサインです。

血の巡りがいいと、栄養が胸にいきやすくなりますから、

最初のこの準備は、重要です。


~マッサージ~

マッサージをしていくわけですが、

ただやみくもに揉んでればいいってものではありません。

揉みやすいようにボディーソープやせっけんを手に付けて、

それを乳房全体にマッサージしていきましょう。

ここで、バストアップ用のクリームやジェルがあれば、

それを使うとより効果が見込めます。


具体的なマッサージの仕方は色々ありますが、

ここでは1つ例として紹介しますね。

ポイントは2つです。

・乳房の下から脇へ向かって、上に、内側へ寄せて、

 乳房をなぞって押していきます。

・それを左右交互に10回程度します。


~ツボ~

バストアップ効果のあるツボがありますので、

そこを攻めると良いです。

img_2.gif
画像元:http://blogs.yahoo.co.jp/ganbarusara100/23583145.html


~終わった後~

終わって寝る前にもう一度マッサージをしておきましょう。

バストアップサプリメントなどがあれば、

このタイミングで摂取すれば、

血行が良くなっている分、

栄養が行き届きます。




スポンサーリンク





バストアップのコツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。