So-net無料ブログ作成
バストアップ食事法 ブログトップ

豆乳の種類と飲むタイミング [バストアップ食事法]

10137000142.jpg
バストアップには、イソフラボンが良いとこのブログで何度か書いています。

サプリメントから摂取するなら、

ピンキープラスピーチアップなどがいいですが、

「まだ高校生なので…」

「お金はできるだけ節約したい…」

という人もいます。

で、食材から取るとなると、

キャベツ大豆などがありますが、

なかでもオススメなのが「豆乳」です。

でもただ何も考えずに豆乳を飲むのと、

よく考えて飲むのとは、効き目が違います。

ということで、今回はバストアップに効く豆乳の

種類」と「飲むタイミング

について書きますね。


まず、豆乳の種類ですが、3種類あります。

①豆乳
②調整豆乳
③無調整豆乳

①豆乳
通常の豆乳は、何もせずにそのまま飲めます。

私はおいしいと思うのですが、

ちょっと苦手という方は、「デザート」として料理すると良いです。

豆乳プリンなどよく聞きますよね。

②調整豆乳
無調整はクセがあるので、そのまま飲める人はあまりいないので、

そういった方が飲むと良いでしょう。

③無調整豆乳
無調整豆乳は料理にもってこいです。

文字通り調整されていないので、

そのまま大豆のおいしさを味わうことができます。


調整豆乳と無調整豆乳の違いですが、

飲みやすさの他に、成分の違いがあります。

調整豆乳はナトリウム、マグネシウムが無調整豆乳より多く含まれています。

このように塩分が無調整より多くなっているので、飲みやすいのですね。

そして決定的な違いは、「鉄分の有無」です。

調整豆乳には鉄分は含まれていませんが、

無調整豆乳には100mlあたり約0.5mg含まれています。

これが無調整豆乳の飲みにくさの原因の一つです。

でもイソフラボンについては、さほど変わらないので、

料理にするときは無調整豆乳、

そのまま飲む、あるいはデザートにするなら調整豆乳

と分けて使用すると考えておけばいいでしょう。

そうすることで飽きもこないです。


で、飲むタイミングですが、

食事の前

を狙いましょう。

なぜかと言いますと、豆乳には大豆サポニンという成分があり、

食事の前に飲めば、その成分が食事の量を抑えてくれるからです。


豆乳を飲むことを日課にすれば、

バストアップもできるし、

ダイエットもできるという一石二鳥になりますね。


それと最後に一つ注意点ですが、

豆乳は意外にカロリーが高いので、

寝る前などは控えるようにしましょう。





スポンサーリンク





きれいなバストを維持する食事の仕方 [バストアップ食事法]

今、バストが小さいと悩んでいる方は、

どうしたら、大きくなると思いますか

th.jpg

今現在おっぱいが小さい方は、

それまで、小さくなるような生活を

重ねてきた結果ではないかということを

考えましょう。


過去を否定するのは、つらいので、

この「振り返り」をしない方は

非常に多くみられます。


一番に振り返るべきなのが、

食生活」。

毎日3食、少なくとも2食は

食事を取ると思いますが、

体に関係することで「毎日」すること、

しなければならないことが食事です。


悪い食生活をしているばかりに、

バストに必要な栄養が回らなくなり、

結果的に、小さくなっていることもあります。


じゃあ、どんな食事がいいの?

って話ですが、一言で言うと、

バランスの取れた食事

です。


主食の「糖質」、主菜の「たんぱく質」「脂質

副菜の「ビタミン」「ミネラル

これらを毎回の食事で取りそろえることです。


厄介なのが、外食です。

外食はつきあいでどうしても

コントロールしにくいですよね。


回数は減らしにくいので、外食はを減らす努力をしましょう。

大盛り、並盛、小盛りなどのサイズが選べることが

できるなら、できるだけ小さいものを選んで食べます。

そして足りない栄養素は家で摂ります。


おそらく外食では、野菜系が不足するので、

家ではサラダや前菜などで補います。


「あれこれ考えるのが大変だな」

と思う方は、下記3点だけでも頭に入れて、

日々意識すると良いです。


①主食
主食は、栄養素として炭水化物が豊富な作物のことです。

穀物である、米、小麦、大麦、トウモロコシや

芋類である、ジャガイモ、タロイモ、ヤムイモ、サツマイモ、キャッサバなど

があります。


②主菜
主菜はタンパク質、脂質、エネルギー、鉄の供給源であり、

ビタミン・ミネラルも含みます。

肉、魚、大豆、卵などですね。


③副菜
副菜はビタミン、ミネラル、食物繊維の供給源で、

野菜、きのこ、海藻などがあります。

よく野菜ジュースで補えばいいという方がいますが、

それだけでは不十分ですので、

しっかり意識して摂りましょう。


食生活をしっかりしたうえで、

バランスの取れた食生活が過ごせるようになってきたら、

マッサージサプリを試すのは大いに効果的です。





スポンサーリンク





バストアップのための食事法 [バストアップ食事法]

バストアップを促進する食べ物について書きます。

よく聞くのが

大豆豆乳

です。

大豆イソフラボンという成分が含まれており、

女性ホルモンを分泌させます。


他に女性ホルモンをもつ成分は、

ざくろプエラリア

などがあります。

バストアップサプリによく含まれていますよね。


野菜では、

キャベツ

が良いです。

キャベツには「ボロン」という成分が

含まれており、実はこれ、女性ホルモンの一種である、

エストロゲン

を活性化させるんです。


あと、バストは脂肪でできていますから、

脂肪がたくさん含まれているものを食べればいいという

ことも言われたりしますが、

たしかに、バストは大きくなりますが、

他の部位にもお肉がついてしまいます。


女性ホルモンが大事!栄養が大事!

と思いますが、その栄養や成分がうまくいきわたるように

生活習慣を見直すことも大事です。


・外食が多い

・タバコを吸う

・不規則な生活

・朝ごはんを食べない

・深夜に食事


こういったことにも目を向けていきましょう。


体の調子を整える食べ物って何?

という疑問もわいてくるかと思いますので、

ご紹介しておきます。


アボガドかぼちゃピーナッツ

こちらは、ビタミンEが豊富で女性ホルモンを活性化させるのはもちろん、

血行を良くする働きがあります。

血液がサラサラになる効果があるんです。

アンチエイジングの効果が高いと言われていますね。


動物性タンパク質「牛乳、チーズ、魚、肉

植物性タンパク質「大豆、納豆、豆乳

こちらは、たんぱく質が豊富で、

バストアップには欠かせない成分です。

摂り過ぎには注意です。

動物性、植物性の2種類のたんぱく質があるので、

バランスよく取りましょう。


これでも一部ですが、

要は、体の調子を整え、女性ホルモンを増やすことが大事なので、

そういった観点から食事と生活を見直すことが

バストアップの最初の一歩です。




スポンサーリンク





バストアップ食事法 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。